MENU

35歳女性ですミトコアを夫婦で飲んで妊娠出来ました

私たちが本格的な不妊治療をおこなうことになったのは夫も私も36歳の時です。結婚したのは34歳、引っ越しや仕事と家事をこなしながら、そろそろ出産のことを真剣に考えなくてはいけない時期と年齢に差し掛かっていたので、まずは私が軽い気持ちで妊娠できる身体なのかを検査することにしました。

 

もともと若い頃から生理時の出血が多く、婦人科にはよくかかっていたので、病院に行くことには全く抵抗はありませんでした。すぐにいつも診てもらっていた信頼できる先生のところに行きました。年齢も35歳になっていたので、すぐに基礎体温でタイミング療法をしていきました。それでは妊娠しなかったので、すぐに卵管造影の検査をしました。

 

その場で卵管のつまりを指摘され、その病院は個人の小さなところだったので、先生が以前勤めていた不妊治療を専門で行っている病院に紹介状を書いていただきました。そんなことになるとは思っていなかったのでかなり動揺したのですが、すぐにそちらに移ることにしました。そこは婦人科のみの病院で、不妊治療の方や子宮の重い病気にを抱えた方たちで大変込み合っていました。

 

やっと検査の日程が取れても、自分が生理になってまた1か月先送りということが続き、結局再度卵管造影検査ができたのは2か月後でした。不妊治療はとにかく時間がかかるんだと実感し始めたのはその頃です。結果は私の両方の卵管が完全に詰まっていて、自分では妊娠することができないと診断されました。私が原因で不妊なのかと、かなり落ち込み、主人や孫を待っている主人のご両親に申し訳なくて、離婚を考えました。

 

そのことを主人に言うと、叱られ、一緒に不妊治療に励もうと言ってくれました。ここでしっかり私の気持ちを受け止めてもらえたことで、そこから始まる検査に夫婦で一緒に前向きに取り組むことができました。

 

その後は主人は精子の検査、エイズ、性病の検査を受け、問題なしと診断されました。私は卵管だけでなく、腹腔鏡検査で子宮内にも無数のポリープが見つかり、手術でそれを取り除くことになりました。2泊3日の入院で、手術は全身麻酔、術後の痛みもなく、何をされたんだろう?と思うほど、あっという間に終わりました。そしてその頃知ったミトコアを夫婦揃って飲むことにしました。このミトコアは卵子や精子を元気にして妊娠に近づけてくれる働きがあるということです。

 

術後初めての生理後が終わってから、具体的に体外受精に向けて、黄体ホルモンの薬を服用しながら体調を整えました。卵子を取るまでの2週間は、毎日病院に通いお尻に注射を打ちました。5か月ぐらいになったところで、卵子を取り出しました。

 

私は8個取れ、受精したのは4個でした。私の仕事が落ち着きく時期を見て、初めて体外受精を行ないました。子宮に戻してから妊娠検査をするまでの2週間は毎日注射をし、結果を待ちました。結果は陽性、1回目で無事に妊娠することができました。そこから妊娠が安定するまで、妊娠4か月になるまでは毎日注射を打ちました。1本600円程度だったと思います。

 

出産までもハリがひどかったり、前置胎盤で出産まで入院したりなどいろいろありましたが、何とか38週まで耐えてくれて、帝王切開で産むことができました。子どもは少し小さめでしたが、今では他の子と変わらずに大きくなってくれています。

 

私たちはありがたいことに1回目で妊娠することができたので、不妊治療としては10か月程度の期間でした。費用はトータルで60万円程度です。公立の病院だったこともあり、少し安く済みました。

 

不妊治療は心も体も経済的にも本当に大変でしんどかったのは確かです。でも、あの時夫婦でしっかり話し合い、踏ん張って頑張ってよかったと今では心から思っています。自分を責め続けて人生を終わらせなくて、精いっぱい努力できて本当によかったと思っています。