MENU

ミトコアを夫婦で飲みながらタイミング療法を成功させるコツ

ミトコアを夫婦で飲みながらタイミング療法を成功させるコツ

 

ミトコアを飲みながら行うタイミング療法で、案外ウイークポイントになるのが夫婦の関係です。

 

女性は思いのほか悩むことなく「この日が妊娠しやすい日」とわかって、計画的に考えられますが、男性は案外ロマンチストなのか、「この日」ときちんと決定されると、業務のような気がしてしまい、そんな気持ちになれないばかりか、プレッシャーがかかってストレスがたまってしまう……ということをよく聞いたりします。

 

ストレスに苛まれるあまり、ここぞというときに勃起不全(ED)になったり、当日に限って帰宅したくない……」といったようにノイローゼ気味になってしまうことがあるようです。 
女性は出産年齢を意識するあまり、早くしないと、急がなくてはと追い込まれて、男性を責め立ててしまうケースも。

 

そうなると、そもそも2人の協力でおこなうはずの妊活もうまくいきません。

 

それどころか、夫婦の間に険悪なムードが出現する可能性があり得るでしょう。 

 

そうでなくても、日本は不妊についての知識や情報が遅れています。

 

男性としてもなかなか「不妊治療の一環として」のセックスには不慣れなのではないでしょうか。

 

通常だったら、そんなに気負わず、ふだんのセックスで、ちょっと時期を見るようにできれば最もいいのですが……。 

 

タイミング療法(タイミング法)は、人工授精や体外受精と比較すると、夫婦の共同作業の部分が非常に大きい不妊治療です。

 

互いの心情をよくわかりあって実施してください。

 

男性がプレッシャーに弱い場合は、女性は「明日!」と明言するのではなく、上手にエスコートしてあげるというような創意工夫してみてはどうでしょうか。

 

基礎体温表を目立つように記録したり、中身を見せたり、カレンダーで「タイミング」を明言したりすると、男性は萎えてしまうことだってあるのです。 

 

やっと妊娠して、待望の子どもができても、夫婦仲が険悪では可哀想です。

 

夫婦円満なタイミング療法の成功のキーは、女性のコントロールテクニックにあります。 ですから普段からミトコアを飲んで妊娠しやすい状態を保ちつつ、うまく男性をリードしてあげてください。