MENU

不妊治療の費用と不妊治療の現状とミトコア

不妊治療の費用と不妊治療の現状とミトコア

 

不妊治療と一口にいっても、いわゆる一般治療といわれる「タイミング療法」、「人工授精」と、「体外受精」の3ステップがメインの治療法です。

 

さらに、体外受精には顕微授精という治療方法もありますが、多くのケースは年齢とステージに合わせて3つのステップを進めていきます。

 

年齢が若い夫婦(とくに女性の年齢が若い場合)は、なるべくタイミング療法、人工授精での妊娠をすすめます。

 

ステップが進行するにつれて、メンタル的にも焦ってしまうということ、体への負担が増加するということのほかに、「家庭での経済事情」の問題が出てくるためです。

 

不妊治療は「治療」ですから保険適応の検査や治療もありますが、保険適応外のものも存在するのです。

 

たとえば、体外受精は保険適応外の治療です。

 

助成金や援助金がもらえない場合はI回50〜70万円の費用が生じます。

 

そして不妊治療が思った通りにならないことがつづいても、「次はできるかもしれない」という希望は、妊娠する可能性が少しでもある限りはだれにでもあります。

 

そのため女性が閉経して、妊娠することができなくなるまで妊娠を諦められないというケースも少なくありません。

 

それほどまでに、我が子がほしいという気持ちはよくわかります。

 

しかし不妊治療は、つづければっづけるほどリスクも金額もかさんでしまいます。

 

不妊治療をしている人で、妊娠するまでいくらかかるかわからないから、とマイホームを躊躇している夫婦や、ようやく妊娠したとしてもそこからかかる金額を考えると貯金がいくらあっても不安だという夫婦の話を聞きます。

 

不妊治療は、どんなに優秀な医師でも「いつまでには必ずできます」と断言することはできません。

 

妊娠したことで治療を終えた夫婦が、検査や治療にかかった総額はもちろん個人差があります。

 

どんな治療をし、どれくらいの期間がかかったのかにより大きく違います。

 

タイミング療法で1年以内に妊娠して、10万円ほどで済む場合もあれば、体外受精を数回おこなって妊娠するような場合は200万円以上にのぼることもあります。

 

子どもはお金では表せられません。

 

しかし検査や治療の費用や、治療はどんなことをおこない、子どもができる確率はどれほどなのかというリアルを知っておくことで、不妊治療への不安を少しでも払拭できればと思います。

 

ミトコアを飲んでいればこのような問題を少しでも減らせる可能性があります。

 

ぜひ不妊治療を受けるときは夫婦揃ってミトコアを飲んでください。