MENU

30歳をすぎたらミトコアを飲んで不妊治療対策

最近では女性の晩婚化が進み、結婚後に夫婦で不妊治療をする妊活がブームになっています。

 

不妊治療には、タイミング法、人工授精、体外受精、顕微授精などの治療方法がありますが、どの治療法で妊活をしていくのかは不妊治療検査、女性の年齢、そして妊活を始めてどのくらい妊娠できていないのかという不妊期間などから判断していきます。

 

しかし、どの治療方法も成功するかどうかの鍵は卵子と精子の質にあるといわれています。

 

不規則な生活やストレス、また歳を重ねるごとに卵子と精子の生殖機能が衰えてしまいますが、この卵子と精子の働きを甦らせることこそが重要なのです。

 

そこで最近注目を集めているのが、卵子と精子の質を向上させてくれるミトコアというサプリメントです。

 

ミトコアには、ミトコンドリアの働きを活発にするイースタティックミネラルとよばれる成分が豊富に含まれています。

 

ミトコンドリアは人間のほとんどの細胞に備わっていますが、近年は卵子と性質の質を左右する細胞器官として注目されいます。

 

イースタティックミネラルは卵子と精子に蓄えられた大量のミトコンドリアに直接働きかけて、機能の回復や改善を図ってくれるのです。

 

女性は30歳をすぎると一気に生殖機能の低下が始まり、卵子の質が悪くなってくるといわれています。

 

しかし、イースタティックミネラルが体内に取り込まれることで、ミトコンドリアにエネルギーを与えて、酸化還元により卵子の若返りを図ることも可能になります。

 

つまり30歳をすぎたらミトコアを摂取することで妊娠する確率が高まることが期待されるのです。

 

また、男性にもイースタティックミネラルは必要です。

 

イースタティックミネラルは精子が卵子にたどり着いて受精するまでの運動能力も回復させるために必要なミトコンドリアの機能にも働き、精子の老化を防ぐこともわかっています。

 

さらに、ミトコアにはジオスゲニン配糖体、アグリコン型イソフラボンという成分も含まれていて、女性ホルモンと男性ホルモンの活性化、良好な着床環境の生成、男性機能の回復にも効果を発揮していきます。

 

不妊治療を長く続けることは、金銭的にも体力的にも、そして精神的にも大きな負担と苦痛が伴います。

 

通院回数の多さはもちろん、注射や検査などの治療に伴う痛みや治療が思うように進まなかった時のショックは妊活を続ける女性たちの苦しみにつながっています。

 

特に高齢女性は不妊治療の成功率は格段に低く、さらに大きな負担がかかっているといえます。

 

30歳をすぎたらミトコアを併用しながら不妊治療をすることは妊娠への近道となり、不妊治療から解放されたいと願う多くの女性たちを救うことになるでしょう。