MENU

不妊治療の金額と不妊治療の現状

不妊治療の金額と不妊治療の現状。ミトコアを合わせて飲むと効果的です

 

不妊治療とひとくちにいっても、よく聞く一般治療といわれる「タイミング療法」、「人工授精」と、「体外受精」の3ステップが主な治療法です。

 

他にも、体外受精には顕微授精という治療方法もありますが、多くのケースは年齢とシチュエーションに合わせて3つのステップを進めていきます。

 

年齢が若い夫婦(とくに女性の年齢が若い場合)は、なるべくタイミング療法、人工授精での妊娠をすすめます。

 

ステップが進むにともない、メンタル的にも焦ってしまうということ、身体へのストレスが大きくなるということのほかに、経済的な問題が出てくるためです。

 

不妊治療は「治療」ですから保険適応の検査や治療もありますが、保険適応外のものもあります。

 

例をあげると、体外受精は保険適応外の治療です。

 

助成金が得られないケースだと1回およそ50〜70万円の費用が必要になります。

 

そして不妊治療がうまくいかないことがつづいても、「次はできるかもしれない」という希望は、妊娠する可能性が僅かでもある限りはだれにでもあります。
それに伴って女性が閉経して、妊娠することができなくなるまで妊娠を諦められないということも少なくありません。

 

それほどまでに、子供がほしいという気持ちはよくわかります。

 

しかし不妊治療は、つづければつづけるほどリスクも費用もかさんでしまいます。

 

不妊治療をしている人で、妊娠するまでいくらかかるかわからないから、とマイホームの購入を決断できないでいる夫婦や、ようやく妊娠したとしてもそこからかかる金額を考えると貯金がいくらあっても不安だという夫婦の話を聞きます。

 

不妊治療は、どんなに秀逸なドクターでも「いつまでには必ずできます」と明言することはできません。

 

妊娠したことで治療を終えた夫婦が、検査や治療にかかった総額はもちろん各々によって違います。

 

どういった治療をし、どれくらいの年月がかかったのかにより大きく違います。

 

タイミング療法で1年以内に妊娠して、10万円ほどで済む場合もあれば、体外受精を何回もおこなって妊娠するような場合は200万円以上にのぼることもあります。

 

子どもはお金では表せられません。しかし検査や治療の費用や、治療はどんなことをおこない、子どもができる確率はどれほどなのかという現実を知っておくことで、不妊治療への不安を少しでも解消できればと思います。